部活指導研究協会通信

日々、生徒と真剣に向かい合う部活関係者に送ります。部活動が果たすことの出来る役割を最大限に発揮させるための活動を行っています。

部活研主催「不可能を可能にしたチーム力の作り方」指導者講習会の報告

こんにちは、部活指導通信です。

 

11月26日の部活研主催の指導者講習会の報告をします。

 先月末、予定通り指導者講習会を開催致しました。
 多くの先生方、部活関係者の方々、そして生徒の参加もあり会場はたいへん盛り上がりました。
 まずは慶應高校テニス監督、松永さんの講演「慶応高校テニス部の不可能を可能にしたチーム力の作り方」から始まりました。
 内容としては慶応高校テニス部の取り組んだ5項目について紹介して頂きました。
以下、講演の概略です。

f:id:nakaya01:20171206161547j:plain

1、ルーティーンワークを決めて、やる気のスイッチを入れる。
・慶応高校テニス部が実際に行っているルーティーンワークに使われている集中力カードをスクリーンに映し、20秒間見つめてもらう実験をした。
・結果は集中力テストのビデオが使われ、集中力カードの効果を体感。
(このビデオがなかなか興味深く、会場が一気に和みいい雰囲気になりました)

2、「公智を養う」世の中には絶対的なものはない。
・「公智とは、物事にはそれぞれ良い面と悪い面がある。物事の中からより大切なものを選ぶという考え方」
・モンティーホール問題で、正解を得るための確率を検証して、少しでもより良いと思う選択を重ねることの意味を実感した。
・勝ったか負けたかだけではなく、正しい判断をし続けることが勝ったか負けたかより正しい判断をしたかどうか、正しい判断をし続けると自ずと勝つ確率を上げることになる。

3、「ポジティブな表現を心がける」
・セリングマンの水泳選手実験を紹介。ある水泳選手のグループを心理テストで楽観的な考えのグループと悲観的な考えのグループに分け、タイムを計測する実験。被験者には実際よりも遅いタイムが伝えられ、その後のタイムの変化を検証した。すると楽観的な考えのグループのタイムが伸び、悲観的な考えのグループのタイムは落ちたとのこと。
・この実験を紹介によって発言、行動、視線、表現などに気をつけることが、自分も仲間も心地よい状態を作り出せると実感する。

4、ひとつの行動が全体のイメージを作る。
・「応援されるチーム作り」を全員が意識することが、さらにより良い結果を生み出す。
・細かな一人一人の行動が、チームのイメージを作り、結果として活動しやすい環境を作ることになる。どんなことをしたら良いイメージをもってもあえるか話し合いをした。

5、「練習は不可能を可能にする」
・心も筋肉の様に練習によって鍛えられる。
・忍耐力などの非認知能力を養うことは、将来的な成功に役だつ。
・マシュマロ理論について説明があり、忍耐力を身に付けた者がその後を追跡調査した結果それぞれの進路で成功している者が多いという実験結果を紹介した。

 

 参加者の皆さんは部活内のチーム力を上げるために何をすればいいのか悩んでいる顧問の先生、生徒が多かったと思います。

 チーム力を上げるためのヒントをたくさん得られたのではないでしょうか。1つ言えることは、ただ強制するだけではチーム力は上がらないということだったと思います。

f:id:nakaya01:20171206161447j:plain

 これからも部活研は、部活制度の健全化のために具体的に行動します。

部活とアルバイトについて

 こんにちは、部活指導通信です。

 放課後の生徒の動向といえば、遅くまで部活に汗を流し打ち込む生徒、バイト先に直行する生徒、ただ帰宅する生徒、いろいろです。

 当然、アルバイトに向かった生徒は、汗を流した分のアルバイト料が入るわけですが、部活はと言えばどうでしょう。アルバイト料に相当するものは実際ありません。

 こう考えると部活に参加する方が割りに合わないと考えてしまうのも無理ありません。身体を動かして働いた分のおこずかいが貰えて、好きなことが出来るわけですから。

 では、なぜ多くの高校生が部活に打ち込み汗を流すのでしょう。何かいいことがあるのでしょうか。思い出作りは学校以外でも出来ますからね。

 先日、あるテニスサークルの合宿に参加したのですが、そのなかに92歳のお父さんと一緒に参加されている方がおられました。

  テニスの後、その92歳のお父さんにいろいろお話を伺う機会を得ました。
 「一緒にテニスが出来て幸せだ。」ということと「テニスをやっていて本当によかった。」
ということを繰り返しおっしゃっておられました。

 そして、もう1つ、深く頷かされたお話しが、
「お金は使ってしまえば無くなってしまうけど、テニスが出来るようになるとずっと財産になるんですよ」と、

 ここで思い出したのが、高校時代にアルバイトをしてお小遣いを稼ぐ生徒たちのことです。

 実は社会人になるとスポーツに親しむ機会を作ることが難しくなってしまい、一から習うとなるとよっぽどの覚悟がいるわけで。

  学生時代に部活でスポーツに関わった経験は、まさに財産となって身に付いて人生を豊かにしてくれるのです。

  個人の財産には、使えば無くなってしまうものと、使っても使っても無くならないものがあるのでは。

  半永久的に無くならない自分を支える財産をどれだけ持っているか。高校時代にだけ手に入れることが出来る部活の経験は、やはり掛け替えのないものだと思います。

  働く経験は卒業後の人生で嫌というほどさせられるはずなのです。

  何を高校時代にすべきか、人生を豊かにするものとは何なのか、答えはそれぞれが思うことですが、よく考えて高校生活を送って欲しいものです。

 

f:id:nakaya01:20171109232712j:plain

 

11月の部活研主催の指導者講習会について

部活指導通信です。
 11月の部活研主催の指導者講習会は慶応義塾高校テニス部、松永浩気監督の講演を予定しています。

 慶応高校は今やインターハイ常連校となっていますが、かつてインターハイ出場が遠い目標だった時期もあったとのこと。
 どこの県でも同じですが、県下に強豪校が何校かいて、その存在感でその他大勢の高校を圧倒しているという状況が普通にあると思います。
 多くの高校は、そんな強豪を破ってインターハイ出場なんて夢の夢みたいに思っていたりします。指導者も例外ではないでしょう。
 
 部活で学ぶべきことはいろいろあると思いますが、自分の想像を超えた成長を体験することで、人の可能性について学ぶこともその一つだと思います。

 実は、慶応高校も神奈川県下の大会に参加しながら、インターハイ出場を別世界のことのように思っていた時期がありました。
 そして、今やインターハイ出場の常連校になりましたが、そこまでの過程で部員と顧問にはどんな思いがあったのか。
 講演では、その辺のお話しを詳しくして頂ければと思っています。

 題して「慶応高校テニス部の不可能を可能にしたチーム力の作り方」です。
 是非、生徒と一緒に聞いてもらいたい内容です。
 多くの学校の参加申し込みをお待ちしております。


<部活研11月講習会>
※受付14:45~
11月26日(日)15:00
部活指導者講習会(15:00~17:00)

「慶応高校テニス部の不可能を可能にしたチーム力の作り方」
[講師プロフィール]
松永浩気
1984年9月3日生
全日本学生室内テニス選手権優勝
元プロテニスプレーヤー
日本ランク最高位19位
慶応義塾高校テニス部監督
慶応義塾幼稚舎教諭


・会場 東京都立大泉高校内  視聴覚室
・参加費 部活関係者2,000円、生徒無料(一般参加3,000円)
・お申込み・お問い合わせは メールinfo@bukatsu-japan.com もしくは Faxで03-4496-4518
まで お名前、所属(学校名等)、参加生徒の人数、直接連絡が取れるお電話番号、メールアドレス(携帯メール不可)、校内で参加される方先生がいらっしゃれば一緒にご記入ください。

部員の「心の安全基地」の存在

部活動通信です。

 部活の部員との関係は、顧問の先生にとって日々試行錯誤で取り組まれておられることでしょう。

 日々の取り組みのヒントになれば幸いです。

心理学用語に「心の安全基地」という用語があります。

 「心の安全基地」は、不安をいつでも受け止め、安心させてくれる場です。思春期や青年期、成人になっても、やはり必要にな場です。
安心して素の自分に戻り、どんな自分でも許される場があってこそ、また外に飛び出し、他人と関わっていこうという気持ちを持てるものです。

 我々大人でも、日常的に仕事での駆け引きや表面的な付き合い、社会人や親としての責任ある行動を求められ、外界との関わりは緊張と気遣いの連続ですよね。

 それでも、安心してよろいを脱ぎ、弱音を吐きだせる場があればこそ、「また頑張ってやっていこう」「チャレンジしてみよう」という勇気を持てるものだと思います。

 ミスが許されない緊張の空間とミスが許されるゆとりの空間と両方持っている選手な強いです。

 失敗したら責められるという思いのもとでは、思い切った冒険は出来ません。ミスのない「判断」と思い切った「決断」、この2つの心理が大きな結果を導きます。

 私の経験では、勝負強いアスリートほど、理屈抜きに自分を認めてくれる人が必ず周囲にいて、心の安全基地の存在感を保っていたような気がします。

 もちろん常に安全基地のなかで緩い環境にどっぷりでは何の育成にもならないということは言うまでもないですが、「心の安全基地」の存在を確認してみてはどうでしょう。

f:id:nakaya01:20170515083129j:plain

 

部活指導者講習会「慶応高校テニス部の不可能を可能にしたチーム力の作り方」

部活指導通信です。

 

部活研主催の指導者講習会について
 11月に部活研主催の指導者講習会は慶応義塾高校テニス部、松永浩気監督の講演を予定しています。

 慶応高校は今やインターハイ常連校となっていますが、かつてインターハイ出場が遠
い目標だった時期もあったとのこと。
 どこの県でも同じですが、県下に強豪校が何校かいて、その存在感でその他大勢の高
校を圧倒しているという状況が普通にあると思います。
 多くの高校は、そんな強豪を破ってインターハイ出場なんて夢の夢みたいに思ってい
たりします。指導者も例外ではないでしょう。
 
 部活で学ぶべきことはいろいろあると思いますが、自分の想像を超えた成長を体験す
ることで、人の可能性について学ぶこともその一つだと思います。

 実は、慶応高校も神奈川県下の大会に参加しながら、インターハイ出場を別世界のこ
とのように思っていた時期がありました。
 そして、今やインターハイ出場の常連校になりましたが、そこまで過程で部員と顧問
にはどんな思いがあったのか。
 講演では、その辺のお話しを詳しくして頂ければと思っています。

 題して「慶応高校テニス部の不可能を可能にしたチーム力の作り方」です。
 是非、多くの学校の参加申し込みをお待ちしております。
 生徒との参加も受け付けています。
 


<部活研11月講習会>
※受付14:45~
11月26日(日)15:00
部活指導者講習会(15:00~17:00)

「慶応高校テニス部の不可能を可能にしたチーム力の作り方」
[講師プロフィール]
松永浩気
1984年9月3日生
全日本学生室内テニス選手権優勝
元プロテニスプレーヤー
日本ランク最高位19位
慶応義塾高校テニス部監督
慶応義塾幼稚舎教諭


・会場 東京都立大泉高校内  視聴覚室
・参加費 部活関係者2,000円、生徒無料(一般参加3,000円)
・お申込み・お問い合わせは メールinfo@bukatsu-japan.com  もしくは

Faxで03-4496-4518まで お名前、所属(学校名等)、参加生徒の人数、直接連絡が取れるお電話番号、メールアドレス(携帯メール不可)、校内で参加される方先生がいらっしゃれば一緒にご記入ください。

 

「そろそろ、部活のこれからを話しませんか」シンポジューム報告2

部活指導動通信です。


『第2部 「そろそろ、部活のこれからを話しませんか」』
 第2部はいよいよ早稲田大の中澤先生の登場です。
 「そろそろ、部活のこれからを話しませんか」と題しての講演で。
 まず、「そもそも部活って当然の存在?」という問いかけから始まり、以下の内容について考える材料をたくさん頂きました。
1、はじめに・・・・・・・そもそも部活って当然の存在?
2、国際比較・・・・・・・海外にも部活ってあるのか?
3、歴史的背景・・・・・・部活はなぜ拡大したか?
4、法制度と現・・・・・・今、部活はどうなっているのか?
5、重要課題・・・・・・・まずは何を解決すべきか?
6、ディスカッション・・・みなさんは、どう考えますか?
7、未来デザイン・・・・・部活のこれからをどうすべきか?

 後半のディカッションでは、かなり活発に意見交換が行われました。
 今回の講習会での特徴は、生徒、教員、保護者、教育委員会、この4者が一堂に会して意
見交換が行われたということです。
 中澤先生、いわく「恐らく世界初ではないか」、、、
 それほど画期的なディスカッションの場になりました。
 部活の学校内での役割の主張、部活をやるために教員になったという意見、外部指導員の
導入に力を入れるべきではという提案など、様々な立場から活発な議論がなされました。

※中澤篤史著「そろそろ、部活のこれからを話しませんか」 
ご興味のある方、以下よりご購入できます。
http://amzn.asia/i6HBfTx

部活研は具体的に行動します。

「そろそろ、部活のこれからを話しませんか」シンポジューム報告1

部活指導研究協会通信です。

・7月研修会の報告
 先週の土曜日7月1日に都立大泉高校で部活研主催のイベントが行われました。
参加者は39名で、うち高校生が16名でした。その他多くは部活顧問の先生方だったのですが、様々な立場の方々に参加頂けたことが今回の大きな収穫だったような気がします。

 まず、第1部は私、中屋のスポーツメンタル講習でした。テニスコーチとして、海外の選手や日本全国のプロを目指すジュニア、そして、現役のプロの選手まで指導をしてきた経験から話をさせてもらいました。
 1時間の講演で主に伝えたかったのは、「変化」の大切さです。いい変化を進化、悪い変化を退化ととらえて考え、更に変化しない、いわゆる停滞も退化と位置付けました。
 そこで例として挙げたのが「練習を試合のように、試合を練習のように」という言葉です。よく指導者が使う言葉です。さて、この言葉の陥りやすい問題とは何でしょう? 
 当日の講義の様子の動画をアップしました。よろしければご覧ください。
https://youtu.be/9xDeUJFiq40