部活指導研究協会通信

日々、生徒と真剣に向かい合う部活関係者に送ります。部活動が果たすことの出来る役割を最大限に発揮させるための活動を行っています。

日本一を目指すって、国内限定で通用する戦術への意識の偏り、短期間に結果を出させるプレッシャー、旧態依然とした組織のこだわりを生むのかも知れない


サッカーJリーグを創設し、バスケットボールBリーグを改革した川淵三郎氏の講演を聞きました。

2015年、 日本のバスケットボール界が混迷のなかにあって、川淵氏に改革の担い手としての白羽の矢がたちました。

川淵氏は、バスケットボール界の幹部のヒヤリングから仕事を始めました。現状への認識、未来への展望などを聞くなかで、ある質問を投げかけたのでした。

 

「このままだと海外で活動できなくなります。どう思いますか」

 

この質問に耳を疑う回答が、日本バスケットボール界の幹部の口から。それは、

「我々は、日本一を目指しいるのだから、海外のことは考えていない」と、

 

川淵氏は、この声を機に決意を新たにし、改革のための行動をドラスティックに起こす英断することになります。その結果が今日のバスケットボール界の繁栄に繋がっています。

 

そして、もう1つ優秀な指導者のエピソードを紹介します。
日本代表ラグビーチームに南アフリカチームから劇的な勝利をもたらした名将、エディ・ジョーンズ氏の言葉です。

 

エディさんが、日本人の勤勉さを強みとして活用しつつ、更にメンタリティーを根本から変えることに挑戦する過程でこんなことを言っています。

 

「日本の選手たちはこれまで大学やクラブで”日本一”にしか興味がなく、それで満足する、ドメスティックな考え方でした。」と。

 

果たして、この二人の指導者に共通する胸の内は、いかようなものであったのか。それは、日本一を目指すということで、思考の幅を狭めているのではないかということ。

 

つまり、短期間に結果を出さなければというプレッシャー、旧態依然とした組織内のこだわりによる閉塞状態、これらから派生する弊害に対する危惧だったのだと思います。

 

f:id:nakaya01:20190818120854j:plain

これらは、最終的には選手育成するうえで大きな障害に繋がり、ここまで日本スポーツ界の可能性をどれだけ摘んで来たことか、ここで基本的なパラダイムシフトをする必要があるのではないでしょうか。

今、新しい世代の日本人トップアスリートは、確実に大きな視野をもって挑戦を始めています。そして、指導者の意識も変わりつつあります。

7月25日全国高校野球岩手県大会の決勝戦に理性的に決断した大舟渡高校の国保監督の行動を称えたいと思います。

 ★部活指導員研修会
10月22日 於:東京都立三田高等学校 13:00~

今回も内容の濃い研修になると思います。
申込はこちら

kokucheese.com

「自分だけが行動をすると損をする?」

~自分だけが行動をすると損をする~
人は誰しも、基本的に自分が得をしたいと思って行動します。なかなか自分を犠牲にして行動するということは難しいことだ思います。

f:id:nakaya01:20190703102911j:plain

 

部活動でも部内の人間関係がこじれたり、思うような活動の結果が出なかったりした時、雰囲気が悪くなり、それぞれ自分勝手な方向に気持ちが向かいがちになります。

こんな状況になった時、活動は停滞、あるいは最悪の場合は解散という事態になりかねません。

この様に活動が停滞した場合、誰か1人が頑張って熱心に活動しても組織としての機能を改善することになかなか繋がりません。

なぜなら、他の部員の意識の底には、黙ってじっとしている方が得だという思いがあるからです。だから、敢えて行動して、責任を負ったり、目立ったりするようなことはしません。

この場合、どうすればいいのか。方法は2つです。

1つ目は、リーダーシップによって解決する方法です。
具体的には、ある程度発信力のある人に、全体の利益の合計を考えて行動した方が、実は得なのだとアナウンスしてもらうという方法。

つまり、行動を起こした方が損だという意識の広がりで活動が停滞するより、全員で何かを作り上げたり、成し遂げたりすることによるメリットの方が、結果的には全員が得することになるということをリーダー的存在の人に伝えてもらうわけです。

2つ目は、部員同士で小グループを作り、上記の意図を出来るだけ共有して、徐々に部内の雰囲気や意識を変えて仲間を増やしていくという方法です。

いずれにしても、自分たちの部活動全体のパフォーマンスを考えたうえで、本当は何が損なのか得なのかを考えて、全体の利益の大きさに気づかせることが大事なことになります。

ポイントは、何のアナウンスもなく、単独で頑張ってしまわないこと。その場合、他の部員は、敢えてリスクを負いたくない意識が余計に働いてしまい、単独で頑張っている人だけが損をすることになってしまいます。

問題は、この辺の仕組みをリーダーとなると人、もしくは小グループで伝えていけるかどうかなのです。

みんながやらないなら自分もやらないという状況に組織全体が陥り、自分だけが行動して損をするくらいなら行動を起こさないという判断が支配する状況を経済学では、ナッシュ均衡といいます。

ナッシュ均衡に陥った場合、個々の勝手な利得を目指すだけではなく、全体を見渡して判断をすることで最適な解に近づくことが出来ます。

また、停滞とは逆に組織内に熱が帯びすぎて、止めるに止められない状況も、ナッシュ均衡なのですが、例えば加熱し過ぎた部活動などはそれに該当します。

止めようと言い出せない、言い出すと立場がなくなり自身に不利益が生じると感じてることは意外と多いです。

その場合も、本当に全体が得するためにはどうしたら良いかを考えてみたらいいのかも知れません。

もしかしたら、働いている割には、生産性が上がらない日本は、実はナッシュ均衡にはまっているかも知れませんね。

 

★部活指導員研修会

10月22日 於:東京都立三田高等学校 13:00~

申込はこちら

kokucheese.com

10月部活動指導員研修会のお知らせ~スポーツメンタルトレーニング講習他~

部活動指導において、スポーツあるいは文化的な技能を指導するためのトレーニングと併せて必要なことは、学校教育を理解するためにベースとなる知識を得る機会を設定することではないかと感じています。
当協会の研修会を通して学校現場の教員の方々には、改めて部活動の抱える問題や背景を知って頂き、また、今後部活動指導員としての活動をお考えておられる外部指導員の方々には、特にたくさんの研修への参加して頂きたいと思います。
◆秋の部活指導員研修会について
10月部活指導員研修会「学校教育の一環の部活動指導」
日程:2019年10月22日(祝日)
会場:都立三田高校
時間:13:00~
内容
1部スポーツメンタルトレーニング講習
2部講習テーマ「学校教育の一環の部活動指導」
3部講習テーマ「部活動の現在・過去・未来」
今回の第1部の講師の谷野氏は、実はジュニアユース時代にベンチを温めていたそうですが、何とその横には本田圭佑選手がいたそうです。そんな経験を踏まえスポーツメンタルについて深いお話し頂きます。
第3部は、当協会顧問の部活動学会会長の長沼豊教授(学習院大学)に部活動の抱える問題や背景についてお話し頂きます。
いつもの様に中身の濃い研修会になると思います。
奮ってお申し込み下さい。
◎申し込みはこちら
https://kokucheese.com/event/index/570767/https://sp.
◎講習終了時には、当協会認定の「部活動指導員研修」受講証書が交付されます。

部活指導者への研修会を継続開催をして5年

部活指導者への研修会を継続開催をして5年


◆部活動指導者の研修会を重ね5年
当協会主催の部活動指導員を対象にした研修会は、2014年3月の第1回研修会から年に2回~3回の開催を重ね今年で5年が経ちます。


この5年間、たくさんの部活顧問の先生方、外部指導員の方、教育委員会の部活指導担当の方、さらにPTAの方、その他部活動関係者の方々にたくさんのご参加を頂きました。

f:id:nakaya01:20190723224158j:plain

◆指導者研修会の目的とスタンス
研修会の目的は、指導者スキルの向上と部活動に関わる問題への意識の喚起と警鐘でしたが、活動を通して部活動を取り巻く問題に正面から向き合うなか時間を追うごとに当初思っていた以上に問題の複雑さ、根の深さに気付きました。それととも活動の意義も同時に実感してきました。

 

巷には、部活動中の暴言、暴力、パワハラ、過重労働、過重負担が話題になっていますが、当協会の方針としては、これらの問題に対して、まず指導者の意識とスキルの改善に取り組むことを決め、活動を続けてきました。研修会の実施は部活顧問の負担をいたずらに増やすことになるというご批判もありました。

 

実際は、制度、システムを変えることが流れを大きく変えるためには必要なことなのでしょう。しかし、我々のスタンスは隗より始めよ、現場の指導者と接し、ナマの声を聞き、必要な情報を発信することに重点を置くスタンスでここまでやってきました。

bukatsujapan.jimdo.com

 

◆制度の見直しとルール作りは確実に必要
部活動が、日本全国の教育現場で、これだけ大きな存在感を持ち、教育的効果が認識されていることは、厳然たる事実なのですが、部活動を支えている人と制度設計は、まだまだ宙ぶらりんで、関係者の我慢と善意のうえに成り立っているのが実情です。一部の人々の自己満足と実績作りに利用されているというネガティブな情報を残念なことに多く耳にします。

 

職務に忠実な教員や指導者に従順な生徒が苦しい思いをするような制度は、改善しなくてはなりません。特に教育現場には、正直者がバカを見るようなことはあってはならないと思っています。

 

部活動制度の現状は、まさに現在、良いも悪いも混在しいる状態なので、今後は良い部分は続け、悪い部分は排除していくルール作りと制度の見直しは確実に必要です。

 

◆曖昧な審査基準で学校現場にに配置される部活動指導員
まずは、2018年スポーツ庁が発表したガイドラインに沿って、教員の過重負担解消のために部活動員指導員の配置が各自治体主導で動きが始まっています。

 

しかし、現実の部活動指導員の採用形式は、人伝をベースにした曖昧な資格審査のもと任命されるかたちです。明確な審査基準がないまま非常勤職員として採用される部活動指導員の資質については、やはり、不安は拭い切れません。そして、これから大量に外部の人材が加速的に学校現場に配置されることで、学校内の秩序を保てるのか、生徒の安全を確保出来るのかについても憂慮されます。

 

◆学校教育の一環の部活指導の理解のためのに
部活動指導員の配置については、日本スポーツ協会が介在して学校と指導者をマッチングするシステムが周知されています。日本スポーツ協会に登録されている指導者は、スポーツ指導者のとしての専門性はある程度担保されているでしょう。

 

しかし、スポーツあるいは文化的な技能を指導するためのトレーニングと併せて必要なことは、学校教育を理解するためにベースとなる知識を得る機会を設定することではないかと感じています。

 

当協会の研修会を通して学校現場の教員の方々には、改めて部活動の抱える問題や背景を知って頂き、出来れば身近な外部指導員の方々に研修への参加のためのお声掛けをお願いしたいと思います。

 

◆秋の部活指導員研修会について
10月部活指導員研修会「学校教育の一環の部活動指導」
日程:2019年10月22日(祝日)
会場:都立三田高校
時間:13:00~
内容:
第1部 部活専門科目:スポーツメンタルトレーニング講習「自身が持てる力を最大限に発揮するためには 」

講師:ココロツクル株式会社 代表 谷野 隆太   
 

第2部 学校一般科目:学校教育の一環としての部活動について、文科省が平成25年5月に作成した「運動部活動での指導のガイドライン」もとに解説
講師:代表理事 中屋 晋         

 

第3部 部活教養科目:部活動研究の専門家による部活動の歴史、現状における問題点、今後の展望等を解説
講師:学習院大学 教授 長沼 豊

◎お申し込みはこちら

kokucheese.com

日本部活動指導研究協会メールマガジン「部活研通信5月号」

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

一般社団法人 日本部活指導研究協会(略称・部活研) 「部活研通信」 ”部活顧問のための部員の心を変えるとっておきの話" < 31. 5. 10 配信 Vol.42> info@bukatau-japan.com http://bukatsujapan.jimdo.com/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

令和の幕開けです。 生徒もそろそろ新しいクラスの仲間と打ち解けてきたころではないですか。 人間関係の機微を感じるのはこれからですね。 さあ、今回も部活指導関連の情報をお届けします。 生徒をその気にさせ、背中を押すとっておきの話しもあります。 ☆::::::::::::☆ お知らせ ☆::::::::::::☆

◎部活研通信、新規会員のご紹介のお願い info@bukatsu-japan.com まで、 お名前とメールアドレスを明記のうえご連絡願いします。 件名に「入会希望」とご記入下さい。

それでは、以下、今回の目次です。

☆::::::::::::☆ 目次 ☆::::::::::::☆

【1】部員の心を変えるとっておきの話

【2】部活News

【3】東京都教育委員会主催・部活動指導員研修会レポート

【4】部活動が教育課程外であることと教員の勤務条件 文責 中屋晋 ☆::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

以上をお送りします。

【1】部員の心を変えるとっておきの話 ~練習量を増やせばいいというものではない~ 先日、イチロー選手の引退会見がありましたね。

1時間半の会見のなかで一番印象に残ったところは、ここです。

「最も我慢したものはなんですか」という記者の質問に対する答え。

「僕、我慢出来ない人なんですよ」と前置きした後に 「体をこんなに動かしちゃだめだって、体を動かすことを我慢することはたくさんありました。」 といったくだりです。

 

つまり、練習したくてしょうがない気持ちをセーブすること、我慢したとすれば、そこを我慢したと言っていたのだと思います。 これって指導者の立場から言えば、練習嫌いな人に話すエピソードとしては使えるものではないですね。

 

一般的には、もっともっとやりたいという気持ちを起こさせたいというのが多くの指導者の胸の内だと思います。 ですから意識を切らせないように休みを与えず長時間の練習を課してしまうみたいな流れもあるような気がします。

 

このイチロー選手の話のポイントは、長く野球を続けるためには、オーバーワークにならないように効率的に短時間で練習を完結すべきだというところではないでしょうか。 この場合の「長く」というのは、2、3年の想定ではなく、10年後、20年後、あるいは生涯に渡ってという意味です。

 

盆暮れ以外休みがない部活動の話はよく耳にしますが、長時間の練習、特にただ闇雲に練習して無駄に体力を浪費しまう、そこはイチロー選手は避けたいと思っていたと思います。 そうなると、考えることは短時間の練習で高いパフォーマンスを維持するために何が必要かということになります。

 

どうしていいかわからないから、とりあえず出来ることは全部してしまおうという考え方が、ある意味オーバーワークのもとなのだと思います。 効率的な練習のためには、全体を知り計画を立てること。

 

その手続きのなかで、合理的な仕組みを作る必要があります。 プレーの成長のための要素にセンスとか慣れることとか以外に、もう1つ、知ることの重要さの認識は、これからスポーツでは一層大切になるでしょう。

 

【2】部活News

○部活動などの大会の統廃合 全国都道府県の45%が要請 https://www.kyobun.co.jp/news/20190410_04/ (教育新聞)

○高崎の全中学週2日休養に 実質的に県教委指針沿う https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/128440?amp (上毛新聞)

○週3回たった1時間の「時短部活」の僕らはなぜ、ラグビー全国大会に行けたのか? https://www.businessinsider.jp/post-188864 (BUSINESS INSIDER)

○学校単体から地域連携へ、部活動の新しいかたち https://mainichi.jp/articles/20190318/k00/00m/050/084000c (47NEWS)

新潟明訓の挑戦 部員の丸刈りやめ「長髪奨励」 https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201904090000159.html (日刊スポーツ)

 

【3】東京都の指導員研修会のレポート 昨年、文科省より学校現場への部活動指導員の配置の方針とそれに対する予算が示され、今年度から新たな動きが始まっています。 当協会の大津理事が、東京都教育委員会主催の部活動指導員の研修会に参加して来ましたので、以下、レポートになります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

平成31年度 第1回 東京都部活動指導員研修会 参加レポート 都立日野台高校・女子テニス部 部活動指導員 大津信亮 4月16日(火)に開催された、東京都教育委員会主催の部活動指導員研修会に参加しました。

 

この研修に参加する指導員は、運動部、文化部の両方で今年度に東京都内158校に配属されているおよそ550名が対象となっています。年齢層も、20代から70代まで幅広く、部活動指導員への関心の高さを感じました。

 

研修の前半では講義が行われ、その主な内容は ・部活動は教育活動の一環であり、勝利至上主義になるべきではない ・指導員は生徒の主体性をサポートすること ・生徒の安全に十分配慮すること ・体罰はしない でした。

 

これらは部活動と関わっていく上でとても大切なことばかりですが、その中でも「部活動は教育活動の一環である」ことが学習指導要領に明記されており、これが一般的な指導者とは違うので、部活動指導員は教育者として生徒と関わる意識をしっかり持つことが大切だと思いました。

 

研修の後半は参加者が6、7名のグループとなり、それぞれの活動状況や課題などを話し合いました。私のグループメンバーは、定年退職した元教師、週末だけ指導するサラリーマン、私のように週に2、3日練習に参加できる自営業者、などでした。

 

メンバーの部活動への関わり方はそれぞれ異なりますが、全員に共通した課題は、部活動指導員として顧問、生徒、保護者の3者とどのようにコミュニケーションをとっていくか、というものでした。これについては、短い時間内で明確な答えを出すことは出来ませんでしたが、部活動は毎年必ず生徒の3分の1が辞め、新たに入部してきます。

 

また、顧問が変われば部活動の方針が変わる可能性も大きいです。このような状況で3者と良好な関係を維持して行くためには、指導員のコミュニケーションスキルがとても重要になると皆さん感じていました。  

 

部活動指導員は普段他の指導員と話す機会がないので、このような場で様々な指導員と情報交換ができたことはとてもいい経験となりました。

 

今後ますます増えていく部活動指導員については、活動する上での問題点や悩み等がどんどん出てくることが予想されます。それをしっかり活かして、より良い部活動指導につなげていくことで、部活動の様々な問題が解決していくことを期待しています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【4】部活動が教育課程外であることと教員の勤務条件について

学校教育の教育課程を大きく分けると「教科活動」と「特別活動」に分かれます。ご存じの通り部活動は、このどちらにも属さない「課外活動」です。

つまり、教育課程外であることを前提に、部活動について学習指導要領では「教育課程と関連が図られる様に留意すること」と記されているのです。

 

ではなぜ、現実に教育現場で重要な役割を担っている部活動が、教育課程として認められず教育課程外という位置付けで定義されるのでしょうか。

 

実は昭和40年代に特別活動だった時期もあります。ご存じの通り「必修クラブ」というかたちで実施していた時代です。

 

ところが、その後様々な変遷の末、平成10年に「必修クラブ」は廃止され、学習指導要領のなかでの部活動についての記述は少なくなっていきます。それに反比例して部活動の活動の枠は広がりを見せ、学校教育のなかでの存在感を大きくしてきました。

 

部活動が教育課程における特別活動として規定されない理由にはいくつかありますが、その1つに教員の勤務時間の問題があります。

 

例えば、特別活動には、文化祭、体育祭、修学旅行等がありますが、教員がこれらの指導に当たる時、勤務時間外において長時間もしくは、宿泊に及んでしまう場合、その超過分は特給法等に定められた特別手当か代休(振替休日)で補填されます。

 

しかし、現状の肥大化してしまった部活動についても同等の勤務規定を当てはめると、特に土日勤務、及び宿泊を伴った勤務に対しての膨大な代休の請求によって、正常な勤務体制の維持が出来なくなってしまいます。

 

こういった状況を考えると部活動を学習指導要領のなかで教育課程として位置付けることが出来ない事情が見えてきます。 つまり、今の規模の部活動を維持、存続するしようとすると教員の勤務条件との整合性が取れなくなってしまうのが現状なのです。

 

その結果、部活動は教育課程外に位置付けられ、オプションとして扱わざるを得ないのです。 これは、例えるなら自動車を購入して、タイヤをオプションにされているようなものです。そもそもオプションがないと走れないといった状況に近いのではないか。

 

今後、部活動を標準装備にするのか、別会社で別売にするのか、展開が注目されます。  今回もご高覧ありがとうございました。  部活研はこれからも具体的に行動します。

 

 

*********************************************************************

◎部活研通信、新規会員のご紹介のお願い info@bukatsu-japan.com まで、 お名前とメールアドレスを明記のうえご連絡願いします。 件名に「入会希望」とご記入下さい。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□配信先の変更、購読停止について。

----------------------------------------------------------------------

発行システム:『まぐまぐ!』からご登録された方で配信中止を希望される方はこちら http://www.mag2.com/m/0001670259.html 又はお手数ですが『配信不要』と記載してご返送下さい。

----------------------------------------------------------------

□ご意見・ご感想は まで info@bukatsu-japan.com □発行 一般社団法人 日本部活指導研究協会 http://bukatsujapan.jimdo.com/

同調圧力の二面性~無理強いにならない部活動の教育的配慮のあり方を考える~

f:id:nakaya01:20190415143403j:plain

◆規則で加入を強制されているわけではない
やりたい人がやれる部活動、やりたくない人はやらなくていい部活動、これは全員加入の部活動の体制と対照的な部活動のあり方です。

加入率の高い部活動の体制について詳しく調べてみると、その多くは規則で加入を強制されているわけではありません。

多くは、いわゆる同調圧力という、集団の空気みたいなものが大きく機能して、加入せざるを得ない状況を作り出しているようです。

当協会の研修会の内容でも、無理強いはしない、やりたい人がやる体制にすべきだという意図の講習をしてきました。これが部活動に関わる問題を解決するための1つの方向だという理解のうえで研修会をしてきました。

 

◆やりたいのにやれない同調圧力も、、
今回の研修会の後に行われた情報交換会の席で、ある先生の発言で気がついたことがあります。

実は、私も教員時代のことを思い返すと、部活動の顧問をしていた時、やはり自分も生徒に部活動になるべく加入するように指導していたような気がします。

なぜ、そう思ったのか改めて思い返してみました。

まず1つは、生徒に押し付けるつもりはないのですが、単純に部活動の教育的効果を考えて、生徒のためになると思って勧めていたと思います。

もう1つ、部活動に参加して欲しいと思った理由、それは、全体がやらない流れになった場合、それに個々の生徒の意識が流されてしまわないかということを危惧していた気もします。

今回気が付いたのは、やりたくないのにやらされる同調圧力と、それに対して反対のやりたいのにやれない同調圧力ということもあるのではということです。

 

◆バイアスを掛けずに判断したら
つまり、参加する方に流れる場合も参加しない方に流される場合もあるということです。どちらかと言えば、そもそも人は易きに流れるというか、消極的な行動に流される度合いの方が大きい気がします。

例えば4人の友達がいて、3人が帰ると言った時、残りの1人はやりたいのに3人に合わせて帰る選択をしたとします。この場合は、やらない方に流される同調圧力になるのではないか。

この選択は参加が自由選択が可能になった結果で、それでむしろ健全な状態で良いという考え方もあると思います。

部活動の参加について、教員からの勧めや調査書の記載などのバイアスも掛けずに判断をさせた場合、果たして部活動への加入率はどうなるでしょう。

もしかしたら、現代の高校進学率、大学進学率も進路指導の結果なのでしょうが、実は単なる同調圧力の結果なのでは、その辺りは微妙な気もします。

 

◆部活動についての教育的配慮のあり方
いずれにしても、きちんとした予備知識を与えたうえでの選択に導くことが教育という観点では、重要なプロセスになるのしょう。これが、いわゆる教育的配慮と言われるものになるのだと思います。

部活動について、やりたい人がやる、やりたくない人はやらないという任意の選択権が可能になったとすれば、部活動の意義や必要性について伝える機会も同時に設定していくべきではないかと思います。

本当の意味で自由選択が保証される状態に近づけるためには、部活動についての教育的配慮のあり方も具体的に検討する必要があるかも知れません。

日本スポーツ協会が部活動マッチングサイトを8日に開設

日本スポーツ協会が部活動マッチングサイトを8日に開設しました。

今後、スポーツ指導の専門家の学校現場への派遣が加速されると思われます。
https://www.japan-sports.or.jp/coach/news/tabid884.html

指導者の登録ページには、資格や実績などをPRする自由記述欄があり、募集者が選考するうえで大きな基準になるそうです.


3月16日の当協会主催の部活指導員研修では、受講者に受講修了証を発行します。
是非、研修実績として活用して頂ければと思います。
申し込みはこちら
https://kokucheese.com/event/index/551487/

 

f:id:nakaya01:20190308112327j:plain

2019年3月16日部活指導員研修会